弁護士依頼 メリットとデメリット|高次脳機能障害 弁護士ガイド

弁護士依頼 メリットとデメリット

メリット

依頼する最大のメリットは、なんといっても自身の症状について理解をしてもらえている安心感が得られる点でしょう。
現代の世の中でなかなか認知されていない高次脳機能障害を患っているということで、被害者は相当苦しい思いをしていることだと思います。

交通事故、その後遺症の問題解決に関しては、交通事故に関する専門知識、通院に伴う医師との面談、警察への取り調べ、そして裁判という工程を経ることになります。
この、一連の工程を一人だけで進めていくのはどうしても無理が生じる部分が出てくることになると思います。
それらの工程を共にしてくれるだけでも、弁護士に依頼するメリットは多いといえます。
例えば、病院への通院の際に同行して診断書(後々裁判の際に大きな効力を持つといわれている)や症状そのものにについての詳細な聴き取りを行うなどをします。
そして、その後の裁判に関しての準備を行い、最終的には損害賠償請求、そして損害賠償獲得に繋がっていくのです。

デメリット

もちろん、弁護士に対する依頼もメリットだけでなく、デメリットも存在していることを忘れてはなりません。

最大のデメリットは、高次脳機能障害そのものを詳細に知っている弁護士が少なく、高次脳機能障害を取り扱っている事務所や弁護士が少ない点です。
そして、依頼に関連して発生する費用の問題があります。
弁護士に依頼すると損害賠償を勝ち取れるという最大のメリットはあります。
しかし、勝ち取るまでの費用が高額な上、損害賠償を勝ち取れたと仮定しても半分以上を報酬として弁護士に渡さなければならない場合もあります。
まとめると、依頼できる弁護士が少ない、高額な費用が発生する、という点です。