弁護士との関連性|高次脳機能障害 弁護士ガイド

弁護士との関連性

ここでも弁護士へ

高次脳機能障害を発症する要因として、例えば交通事故の例を挙げて説明してみます。
一命を取り留めたものの、気づかないうちに高次脳機能障害を発症してしまっている場合があるでしょう。
そうなってしまうと、社会生活を満足に送れなくなる、という悪循環に陥ってしまいます。
このような状況になってしまった場合、やはり社会人としての立場、そして個人の生活を失うという損害を被ってしまいます。
といった具合に、発症理由が他の要因によるものである場合、ここでも弁護士への相談がお勧めだといえます。
医療に関しての直接の知識まで持ち合わせている弁護士はなかなかいないと思いますが、法律に関しては幅広い知識を持ち合わせおり、法律の視点から発症者の味方になってくれることでしょう。

実際に依頼して

実際に、高次脳機能障害に関連して弁護士に依頼と聞いてもピンと来ない場合がほとんどだと思います。
しかし、高次脳機能障害と弁護士の関連性を世間に知らしめた事例が存在しているので、簡潔に挙げてみたいと思います。

とある交通事故の被害に遭った人が運転手に対し、「交通事故によって日常生活に著しい支障をきたした」という理由から損害賠償を請求した裁判が実際にありました。
結果的に認められたのは、事故被害者に対する通院料、慰謝料の支払いのみでした。
ただ、この裁判によって高次脳機能障害を患っている人の苦しみ、そして苦しんでいる人は弁護士に相談できる、という一石を投じたのは確かだといえます。